ノロウイルス対策の食事に納豆がおすすめ!

ノロウイルスが流行る季節(11月~2月)になっています。
ノロウイルスにかからない、予防する食事として
『納豆』が注目されていますよ!

ノロウイルス対策の食事は納豆がいい!
という情報をご紹介します。

スポンサーリンク





①なぜノロウイルスに納豆がいいのか?

ノロウイルスは、体内に侵入したあと腸管内で増殖します。

そんなノロウイルスを予防するための食事は
体の免疫力を高めることが重要ですね。

その手段として『腸内環境を整える』ことが大事になります。


腸内環境が改善すると・・・精神的にも幸福感が増したり
身体的にも多くの病気を予防してくれる健康の要となる重要な健康管理法です!


その為の食品として有名なのは『ヨーグルト』ですが
他には日本人が昔から食べていた『発酵食品』があります。

それが納豆なんです。

食物繊維・・・食物繊維が豊富。
     納豆1パックには食物繊維が3グラムも含まれています。
     大人は1日17gの食物繊維をとることが望ましいと厚労省は言っていますが、普通の食事で17gってかなり厳しい量なんです。
     しかし、3gとれる納豆を1日1パック食べれば、食物繊維がかなり補われ、便通をよくしてくれ、腸内細菌の善玉菌を増やしてくれる効果も。

血液がきれいになる・・・納豆に含まれる「ナットウキナーゼ」
         これは、納豆独特のネバネバした成分です。

         これが血液中に発生した血栓をとかしてくれるんです。血栓は怖いですよ。 血管に栓をするというイメージですが、血液中の小さなゴミのような物体が流れていき、細い毛細血管で詰まると
脳梗塞や心筋梗塞を起こします。

②健康食品としても有名な『納豆』の効果は?

豊富なたんぱく質・・・「畑の肉」とも呼ばれる大豆からできているので、納豆=大豆=たんぱく質源であります。

良質なたんぱく質源・・・たんぱく質源の食品の中でも、大豆はとても栄養価の高い食材です。
 その根拠があり、たんぱく質を構成するアミノ酸にはいくつかの種類があるのですが(イソロイシン・バリン・リジンなど)、そのアミノ酸たちが丁度いいバランスで含有しているのです。
 専門的には「アミノ酸スコアが高い食品」だと評価されます。

ダイエット効果・・・納豆に豊富に含まれる食物繊維は「不溶性食物繊維」という水を含むと腸内でふくらむ性質があるので、食欲が抑えられ、ダイエット効果もありますよ。



③納豆 私の食べ方

納豆が体にいいことは有名ですよね。

焼肉を食べたり、ジャンクフードを食べたり、飲み会だったりと
ちょっと体に悪い食事してるな~と思ったときは
絶対 納豆を買ってきて食べるといいですよ。

納豆で血液がきれいになりますし、腸内環境も整えてくれます。

私は、納豆をよく買っており、冷蔵庫に入れています。
そして・・・晩酌時に納豆を1パック食べます^^;

納豆って、おつまみになるんですよ。
お酒のつまみとして栄養価が高いのは枝豆が有名ですが「納豆」もいい!

ぜひ、やって見てくださいね。肝臓も喜びます^^


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック