成宮寛貴 幼少期と二丁目時代

成宮寛貴 幼少期と二丁目時代

イケメン俳優として人気も高い成宮寛貴(読み方は:なりみやひろき)さんですが
壮絶な過去があると言われています。

成宮寛貴さんの幼少期と新宿二丁目時代について情報を集めてみました。

スポンサーリンク





①成宮寛貴さんの幼少期

知らない人は、ルックスとは真逆の生い立ちに驚くことでしょう。
成宮さんは、かなり苦労して現在にいたられているんです。

成宮さんと弟さんの深い絆が心を打たれると多くの意見がありました。

成宮寛貴さん 生年月日 1982年9月14日

       年齢は2016年12月現在で34歳。
       (若く見えますね~。20代に見えます)

       本名 平宮博重(なりみや ひろしげ)
       平宮と書いて「なりみや」と読むそうなんです。
       お父さんかお母さんが沖縄出身かもしれませんね。

       出身地 東京都

       出身中学校港区立三田中学校

       出身高校 高校は経済的理由もあり進学されていません。

両親の離婚・・・幼少期に両親が離婚され、成宮さんはお母さんと弟と3人暮らしていました。

幼少期のエピソード・・・小学生のころの好きなサンリオキャラクターは「ぽこぽん日記」だったと語られています。
こちらですよ。 癒し系ですね。かわいい♪



小学校・中学校時代にいじめられるとお母さんが励ましてくれていたそうです。

弟さんいわく、イタズラ好きだったという話も。

母親の他界・・・成宮さんが14歳の時に、最愛のお母さんが他界されたのです。 
        中学2年生くらいですよね。 とても辛いことです。
        さらにはこれからの弟と二人でどうやって生きていくのかという不安があったと思います。 
        成宮さんはお母さんが亡くなってから
        中学校にはほとんど通学しなかったと言われています。 
        弟さんは小学校低学年でした。

祖母に引き取られる・・・お母さんが亡くなったあと、おばあちゃんが引き取られました。 成宮さんと弟は、祖母と一緒に暮らし始めたのです。 

成宮さんアルバイト・・・祖母と暮らす生活は厳しく、時給も高かった引っ越しや土木関係のアルバイトやなどをして生活費を捻出していたそうです。

ある日 家出・・・同級生は高校生活を送っている中での、毎日の過酷なアルバイト生活で、成宮さんもたまらないものがあったと思います。
 当然ですよね。  ある日、家出をされました。
  しかし、精神的な支えであったお兄ちゃんがいなくなり、まだ小さい弟は号泣して悲しんそうです。
  戻った成宮さんは、そんな弟をしっかり自分が養っていくんだと強い決意を持たれたようです。


成宮寛貴 弟・・・1988年生まれで、成宮さんより6才年下です。
    成宮さんが保護者がわりとなって学費を捻出し、
    大学院まで行かれていますよ! すごい!

かなり優秀な学歴のようで、弟さんは都立高校へ進学後、
東京理科大学へ進まれ、そこで大学院までいかれています。

現在は結婚しておられ、笑福亭 鶴瓶さんの『A-Studio』(エースタジオ)にも後ろ姿で出演されました。

②新宿二丁目時代

本人も公表されたという話も。

成宮さんが二丁目で働かれていた当時も
かなりの美少年がいると二丁目では話題になっていたそうです。

なので、芸能界で活躍されていてもどうしても二丁目時代に
密かに有名だったので、騒がれてしまいますよね^^;

成宮くんは二丁目で働いていた時に、お客として来ていたかたせ梨乃さんの勧めもあり芸能界入りをしたという噂がありますよ。

今の華やかな成宮寛貴さんを見ていると信じられない過去を経験されており
その意外性から、なんだか親近感もわき、芸能界で成功されて本当によかったですね。

『成宮寛貴 幼少期と二丁目時代』についてでした。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック