忘年会 出し物で盛り上がるダンス2016

忘年会 出し物で盛り上がるダンス2016

2016年ももう12月に入りました。
忘年会の出し物を考えないといけない季節ですね。
忘年会の出し物で盛り上がるものをまとめてみました!

スポンサーリンク





①2016年に流行ったこれが盛り上がる!

やはり、トレンドにのったネタなら大盛り上がりすることは間違いありませんね。

そうなると2016年に流行ったものを上げてみましょう。

★ピコ太郎 PPAP




★オリラジ パーフェクトヒューマン(PERFECT HUMAN)

★星野源 『恋』ダンス

★三代目J soul brothers 『 R.Y.U.S.E.I』
  2014年~2015年にかけて多く余興で行われたと思いますが
  2016年もまだまだ盛り上がるはずです。
  ランニングマンのとこなんか一緒にやってくれる人もいるかも!

★グリコのポッキーCMでおなじみの『シェアハピダンス』
  これも2015年に余興で行われたかと思いますが
  2016年もまだまだいけます!
  三代目J soul brothers人気は絶大ですから。

★AKB48  『365日の紙飛行機』
  これはNHK朝の連ドラ「朝が来た」の主題歌だったので
  幅広い年代でウケる曲です!

スポンサーリンク





 

②2015年以前に流行ったけど盛り上げるものは!?

★浦島太郎(桐谷健太) 『海の声』
     これは聞きほれて盛り上がると思いますよ。
     三味線できる人がいたら完璧ですね。




★星野源 『SUN』
     逃げ恥が絶賛流行中ですから、星野源ファンが一気に増えてます!
     2015年にヒットしたSUNは、聞いたことある人は多いはずです!

★AKB48 『恋するフォーチューンクッキー』

     『フライングゲット』

     『ヘビーローテーション』

★少女時代 『MR-TAXI』

      このあたりがキレキレに踊れる女子(男子でもOK)がいたら
      意外性とカッコよさで かなり盛り上がると思います。
      男性ウケを狙うなら、鉄板ネタです。

★KARA 『シスター』
      これも少女時代と同じく、練習して覚えられるなら盛り上がりますよ。
      このシスターなどのKARAの曲は、かわいい感じのダンスなので
      特に若くて5人くらいでメンバーがまとまればいい感じにはまります。
      シスターは振り付けも比較的簡単ですよ。

    『ジェットコースターラブ』

    『ジャンピン』

★EXILE  『Rising Sun』
     この曲はEXILEが東日本大震災復興支援ソングとして発表しました。
     かなりヒットして、ライブでも会場全員でダンスできるほど
     Rising Sunのダンスは盛り上がります。

★きゃりーぱみゅぱみゅ   『つけまつける』

             『にんじゃりばんばん』

               かなりかわいい選曲ですが、
               会場があたたまっているなら挑戦してもいいと思いますよ。
               振り付けも簡単そう。

★E-girls  『Follow Me』

      『ごめんなさいのKISSING YOU』

      『おどるポンポコリン』
      
         E-girlsはダンス集団なので、完コピはかなりハードル高いですが
         たとえばYouTubeなどで、中学高校のダンス動画をみると
         簡単に踊れるダンスにアレンジしてありますよ。


★カンナムスタイル

★小泉 今日子 『学園天国』

★嵐 『ワイルドアットハート』

★渡辺直美 ビヨンセのモノマネダンス『Crazy in Love』など

       これは太った人がやるとなおさらいいかも。ww


③アニメネタで盛り上がるものは?

★アナと雪の女王 挿入歌を歌いながらミュージカル仕立てにアレンジする。

★プリキュア

★妖怪ウォッチ

★セーラームーン

★ワンピースの主題歌となった曲 コスプレして歌う



④Twitter情報、2016年の忘年会の出し物で盛り上がるもの

「余興が恥ずかしい人にも向いてるのはPPAPかな~。短く終わるから」

「今年の忘年会での余興はピコ太郎の格好で恋ダンス」

「忘年会余興のために 生まれて初めての全身タイツ・・・」

「忘年会の出し物でするオタファッションやってみる」

などがありました。

なんかどれも見てみたい!♪


『忘年会 出し物で盛り上がるダンス2016』のご紹介でした!


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック