藤枝明誠高校は『タッチ』 マネージャーは『南ちゃん』

藤枝明誠高校はのユニフォームは『タッチ』 マネージャー八木さんは『南ちゃん』

2017年夏の甲子園、静岡県代表の『藤枝明誠高校』が注目されている理由はユニフォームにありました。

人気マンガ『タッチ』にユニフォームとMEISEIという文字がとても似ていて、よく比較されています。

また、藤枝明誠高校のマネージャーは女子1人。その八木晴香さんは『南ちゃん』と呼ばれています。

南ちゃんについて取材してあったのでまとめてみました!

スポンサーリンク



 

藤枝明誠高校のユニフォームはタッチ 画像比較


超有名な人気アニメ『タッチ』のユニフォームは、多くの人が印象的ですね。タッチの主人公・上杉達也が 所属した「明青学園野球部」のユニフォームです。

そして今年初出場として注目された『藤枝明誠高校』を見た人がタッチのユニフォームに似てる!と声が多数あがったのです。




明青と明誠 元々の漢字は違いますが

MEISEI 

この文字の感じもそっくりです。


藤枝明誠 マネージャー 八木晴香さんとは?


八木マネージャー.PNG

『南ちゃん』と呼ばれているのは、藤枝明誠高校でマネージャーをしている八木晴香さん。

●2年生
●マネージャーは1人だけ
●唯一の女子マネージャー

甲子園に出場するような高校の野球部で、マネージャーが1人というのも珍しいですね。

藤枝明誠高校は、静岡県大会の決勝で『日大三島高校』と対決し、エースP久保田蒼布投手の打たせて取るピッチングと、堅い守備で勝ち抜き、創部35年目で甲子園初出場を果たしたのです。

『タッチ』のヒロイン浅倉南にかぶせて八木マネージャーは「南ちゃん」と呼ばれるようになったのです。


とても気が利くマネージャーで、練習のサポートはもちろんですが、一日80合のご飯炊きをしたり、とにかく忙しくがんばっています。


スポンサーリンク



 


『南ちゃん』こと八木マネージャーも経験者だった





そんな八木晴香マネージャーも、小学生から中学2年生まで野球部で活躍していました。

それから野球を断念し、甲子園の夢を叶えるために野球部のマネージャーになったのです。

八木さん「女子でも甲子園は憧れていた場所なので・・・」と言うように、自分も野球をやっていたからこそサポートも上手くて、きつい仕事もハツラツとがんばれているんですね!






大会の前に八木さんは、部員全員にMをかたどったお守りを手作りして渡していました。


甲子園の初戦は8月8日に三重県代表で同じく初出場の『津田学園』でした。残念ながら延長11回、6対7でサヨナラ負けしてしまいましたが激闘でした。

取られたら取り返し、久保田投手がしっかり抑え、延長戦まで…。初勝利とはなりませんでしたが、明誠ナインは素晴らしい試合を見せてくれました。本当にお疲れ様でした!!

八木マネージャーは2年生、来年も甲子園を目指してチームをサポートしていかれることでしょう。


藤枝明誠高校は『タッチ』 マネージャーは『南ちゃん』についてでした。

この記事へのコメント