電通の過労死(違法残業により)問題で罰金が50万円だけ!?

電通の過労死(違法残業により)問題で罰金が50万円だけ!?

2017年9月22日、大手広告会社『電通』の過労死事件の判決がでました。

亡くなった当時24歳だった女性(高橋まつりさん)が月 100時間を超える時間外労働(違法残業)の上に上司からのパワハラを受けていた問題の裁判での判決がでました。

電通は違法残業による過労死事件により、罰金50万円を求刑されました。

これって罰金安くないでしょうか?

スポンサーリンク



 







電通社長は初公判で起訴内容認めています。
「責任は経営者である私にある」

一番左の人が電通の『山本敏博社長』



過労残業大国日本には、どれだけのブラック企業があることか・・・



電通 過労死事件・罰金50万にみんなの感想は


「罰にすらなってない額だね。」

「さすがブラック企業大国日本。もはや法廷ですらまともに裁けない特異国。」

「この裁判を持って幕引きにしたい連中の思惑通りにしてはいけない(経団連とか政府とか)」

「安い・・・」

「この罰金が今後の悪しき前例になると困りますね。」

「なんだよ求刑罰金50万って。選挙違反じゃあるまいし。」

「たったそれだけなの…… 抑止力として低くない?


電通の過労死事件が社会的に影響したこと




安倍晋三首相は2017年2月21日、過労のため自殺した電通の新入社員、高橋まつりさんの母、幸美さんと首相官邸で面会。

電通 過労死 罰金.PNG

高橋幸美さんは長時間労働の是正に向けた政府の規制に関し「実効性のあるものにしてもらいたい」と要請。

安倍首相は「何としてもやり遂げる」と述べ、労働基準法を改正して規制を設けることに決意を示した。

https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS21H2Y_R20C17A2PP8000/より



どうか電通の違法残業で亡くなった社員の無念が報われるような働き方改革が行われますように願いたいですね。





2016年からは厚生労働省から企業に対して、年一回のストレスチェックが義務化され、過労死や社員のストレスの軽減策が図られています。



手堅く自由に働けるといったら『派遣』が一番!
  サービス残業に不満があるなら『派遣』が最適!

↓↓チャンスは自分でつかみとれ!↓↓
>>派遣Style<<


もう一つはアフィリエイト
>>副業ブログで月に35万稼げるアフィリエイト [ タクスズキ ]<<

entrepreneur-593371_640.jpg


この記事へのコメント